女性

敏感肌は洗顔が大切です

ソープ

洗顔で保湿も変わってくる

敏感肌は、季節の変わり目などの気温の変化や、乾燥、紫外線などを受けて、肌が乾燥してかさかさしたり、赤みや湿疹が出てしまうことがあります。そんな敏感肌のトラブルは実は洗顔で改善することができます。逆に洗顔一つで敏感肌になってしまうこともありますので、洗顔は非常に大切であると言えます。まずは洗顔をするときは、とにかく低刺激で無添加のものを使うようにしましょう。弱酸性のものでいいですが、それでも刺激が強いと思ったら弱アルカリ性のものを使いましょう。洗い方は手が肌に触れてしまうと摩擦が起こってしまうので、直接肌に触れないようにたっぷりの泡で洗うようにしましょう。洗い終わって今度、すすぐときはぬるま湯を使いましょう。そして拭くときはごしごしとふかずにタオルドライで優しく抑えながら拭くようにしてください。そしてその後は間髪を入れずに保湿をするようにしましょう。肌の潤いを保つために欠かせないセラミドや皮脂は加齢とともに減少していきます。そのため誰もが敏感肌になる可能性があります。そこで減少したセラミドやヒアルロン酸やコラーゲンを補うために、これらの成分が高配合された化粧品を使うとよいでしょう。逆に合わない化粧水を使うと逆に症状を悪化させてしまうことがあるため、使う前にまずはパッチテストなどを行ってから使うようにしましょう。洗顔や保湿と併せて、生活習慣を見直して、質の高い睡眠や栄養バランスの整った食事を摂ることでより確実に効果が表れるようになります。

ウーマン

低刺激なものを使おう

日中のメイクや汚れをきちんと落とすための洗顔は、敏感肌の方にとっても欠かすことのできない工程となっています。化学合成成分をなるべく含まない低刺激な洗顔料を使うことで、肌に負担をかけることなく余分な皮脂や汚れのみを落とすことができます。

女性

洗顔のポイント

毎日何気なくしている人が多いのが洗顔です。誰でも簡単にできる洗顔ですが、間違った仕方でしているとそれが肌にダメージになり、敏感肌を招くことがあります。洗顔は毎日するものなので、正しい方法ですることが大切です。