女の人
  1. ホーム
  2. 低刺激なものを使おう

低刺激なものを使おう

ウーマン

乾燥にも配慮が必要

ちょっとした刺激にも反応しやすい敏感肌であっても、日中はメイクをして過ごすという方が多くなっています。化粧や汚れが肌に残ったままになると更に敏感肌は悪化してしまいますので、その都度丁寧に汚れを落とすことが大切です。またその際使用する洗顔料選びは慎重に行わなくてはなりません。洗浄力の強い成分は一般的に刺激も強い傾向が見られます。肌トラブルを防ぎつつ汚れを落とすには、なるべく低刺激な洗顔料を使うようにしましょう。そうすることで敏感肌でもやさしく洗い上げることができます。低刺激な洗顔料かどうかを見極めるポイントは主に二つ、香料や着色料など余分なものが出来るだけ含まれていないことと、敏感肌向けに作られたものであることです。最初に述べた通り、敏感肌は刺激に対しての耐性があまり強くありません。化学合成成分等が配合されていないなるべくシンプルなものの方が刺激となり得る成分も少なくて済むため、肌にやさしい洗顔料であると言えます。さらに敏感肌向けに作られたものは、バリア機能の低下を招くもととなる乾燥についても配慮されている場合が多くなっています。保湿成分やうるおいを逃がさないような配合になっているこうした洗顔料を使っていれば、自然と肌の状態も整ってくることでしょう。肌と同じ弱酸性や赤ちゃんでも使える成分のみで作られているもの、美容成分がたっぷりと含まれているものなど、低刺激且つさまざまな特長を持つ洗顔料が出ていますので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。